最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

トリノ五輪

感動!!!

いやあ、もう言葉にならないけど、
荒川しーちゃん、全てにおいて素晴らしかった!!ほんと感無量!!
金メダルおめでとう~!!!

君が代を聞くのも、いいものです。
ほんと単純な言葉しか出てこないけど、感動をありがとう!

曲を「トゥーランドット」を変えたのもよかった!滑りはじめから、とても伸びのある美しいスケーティングで、「これはやってくれる」と思いました。
そして後半の「誰も寝てもならぬ」の曲のイナバウアーあたりからは、ほんと
涙が止まらない状態に・・・。最後のあの深いエッジを使ったステップシークエンスの素晴らしかったこと!家の中で一人でスタオベしてました。

村主さんもほんとに、惜しかったなあ~!!
安藤さんも、果敢に四回転に挑戦したのは、えらかった。きっと次につながるステップとなることでしょう。

スルツカヤは途中から信じられないくらい失速しまして、まさかの転倒。コーエンも冒頭で2つ連続ミス。二人とも滑る前から、かなりの気負い、プレッシャーがあったように見えました。
これが五輪の魔物なんですね。

やはり今日一番輝いてたのは、誰の目からみても、しーちゃんでした~。

表彰台での表情もすごく輝いてて、美しかった。
この感動を胸に、心おきなく。、お産にめます。
しーちゃん、ほんとにほんとにおめでとう!!

トリノ五輪 女子SP続き

トリノ五輪女子SP 続き

長くなったので、前回の続きです。

     安藤さん

3ルッツのコンビネーション残念でしたね。ちょっと一つ目の3ルッツの着氷にスピードがなく、2つ目の3ループジャンプの踏み切り時に回ろうという気持ちが強すぎたように思えます。この辺りのとっさの判断が、荒川さんとの経験の差でとでも言えるかな。最初のポーズに立ったときから、表情が固かったので「かなり緊張しているな」というのがわかりました。その後はスパイラルシークエンスでフェンスにぶつかったりとちょっとしたハプニングもありましたが、スピードも出そうと心がけていたし、シーズンはじめよりスパイラルやスピンの質は確実に上がっていて、5コンポーネンツもいい点が出ていましたね。五輪という初舞台での滑りのプレッシャーを考えると、まあまあの出来ではなかったでしょうか?安藤さんの位置を考えると、あとはもう攻めるのみですから、四回転ジャンプにも是非トライして欲しいと思います。

     コストナー

最初の3-3のコンビネーションジャンプでまさかの転倒。やはり精神的なものが大きく影響しているのかな?18歳で背負った、地元の国を上げての期待やプレッシャーは強かったのでしょう。6分間練習ではキレの良い完璧な3フリップー3トゥを決めているところが映って、「これは凄い!」と思ったのですが・・・。滑りはよかっただけに、本当に残念。フリーでは、地元の観客を沸かせる素晴らしい演技で、挽回してほしいと思います。(でも日本選手を脅かさない程度にと言いたい)

     ゲテバニシビリ(グルジア)

ヨーロッパ選手権のときからすごく話題になっていた新星選手ですが、今回初めて見ました。3-3のジャンプとかも2つ目のジャンプの方が高かったりして、小柄なのに、ほんと躍動的でピチピチしていますね。「このパワーはなんなの!すごい」って感じで、人を惹き付けるものがあり、場内も拍手喝采でしたね。まだジュニア上がりで荒い部分もありますが、スピンの軸も乱れないし、ビールマンスピンとかもできるほど柔軟性もあるし、まだまだ伸びしろがいっぱいある今後が楽しみな選手です。キス&クライで見せた嬉しそうな笑顔が、まだあどけなくて可愛いらしかったです。そして、今回はいなかったけど、ヨーロッパ選手権ではあのタラソワコーチがついていたそう。これからこのゲデバニシビリもタラソワ・マジックに乗って、どんどん磨かれていくのでしょうか?まだ16歳というし、バンクーバーあたりでは、真央ちゃんの強敵になりそう。明日のフリーでも最終グループに残ったし、要注目です。

あとエミリー・ヒューズもなんだか、「私、やるわよ」という気迫に満ちていて、よかったです。あのジャンプが決まったあとのポーズやエンディングのポーズもアピール度抜群で、いいですねキミー・マイスナーも本番では3-3をクリーンで決めてきて、昨年のNHK

杯よりだいぶ調子上げていましたね。

それにしてもテレビだと、やはりハイビジョン映像といえども、会場の緊張感やスピード感、臨場感が伝わってこないのが悲しい・・・。次のバンクーバーは絶対に行こうと心に決めた今川でした。

トリノ五輪女子SP 上位4名

 

昨日は女子SPテレビ観戦のために朝4時に目覚ましをかけていたけど、3時にお腹が痛くなって起きました。

「もしや、いよいよか・・・!?」と思ったけど、すぐに痛みは消えてしまいました。いわゆる前駆陣痛ってやつかな!?お腹の赤ちゃんもテレビ観たくて、起こしてくれたのかも・・・。

そして、女子SP。ほんと、みんな凄い!胸が熱くなりました。。

ライブで観て、ハラハラドキドキ感も味わえたし、よかった~!!

特に1位のコーエンから、4位の村主さんまでは、さすがでしたね。

やはりベテラン勢の強い人はやるべきときに、やるべきことをやってくれますね。

荒川さんや村主さんは、日本の中でも若手選手に追われる立場で、揉まれて、大変だったろうけど、その分精神的にも肉体的にも強くなり、今回の五輪につながっていると思います。

ということで、各選手の観た感想を順位順に思いつくままに書いていきます。

1.コーエン

いやあ、最初のポーズに入るときからの気迫に満ちた表情がよかったです。特に「キッ」として見開いた目がいい!コバルトブルーのコスチュームもリンクで映えましたね。

ジャンプは決して高くはなく、ダブルアクセルで一瞬ヒヤっとしましたが、きっちり決めてきました。やはり圧巻だったのは後半のスパイラルシークエンス~ステップ、エンディングのスピン。

スパイラルは解説の佐藤有香ちゃんも言っていましたが、「これぞ、コーエンのスパイラル!」って感じ。180度開脚スパイラルのポーズがチェンジエッジをした後も一瞬たりともぐらつかないのが凄い!ステップも「黒い瞳」のジプシーの曲に音楽に合わせて、軽快かつ細かく踏んで、観客を見事に盛り上げていて、よかったです。最終滑走ということで、運も良かったと思いますが、このSPの演技はスルツカヤより上だったと思うし、とても引き込まれるものがありました。インタビューとか読んでいると、なんだか憎めないチャーミングなコーエン。フリーでもいい演技見せて欲しいけど、日本勢に頑張ってほしいから、複雑な気分です。

2.スルツカヤ

この方もやはりすごい!さすが。やはり一つ一つの技をきっちり決めてきますよね。ステップなどでちょっとスピードがなく見えましたが、今日はまだSP。少し慎重に滑ったというところでしょうか。体もさらに締まった感じだし、キレも出てきました。ビールマンスピン軸もさらにしっかりして回転速度もグランプリのときより上がりましたね。ほんと五輪に合わせて、調子を上げてきましたね。実況の方の「これが本気のスルツカヤです!」という言葉には、思わず笑ってしまいましたが、まさしくそんな感じ。おそらく、フリーでは最終滑走といい大トリを務めるわけですし、もっと本気パワーを発揮することでしょう。昨年の世界選手権のように、フリーでは3-3のコンビネーションジャンプ入れてきてほしいです。

3、荒川さん

冒頭の3ルッツのコンビネーション、軸が傾いていて、ヒヤリとしましたが、2つ目のジャンプをダブルに変更した一瞬の判断はさすが。真紅でセンターにホワイトシルバーが入った衣装も、すごくリンクに映え、荒川さんに合っていましたね。

3フリップ、ダブルアクセルはグレードの良いものでした。3フリップ成功させたあたりから、滑りもグーッとよくなり、滑らかで一押しが伸びていました。有香ちゃんがテレビで言っていたように、ここからの滑りは、スルツカヤより荒川さんの方が良かったと思います。スピン、スパイラル、ステップは、今回レベル「4」を取り、それが点数にも表れましたが、上位の2人に引けをとらないいやそれ以上にも見える素晴らしいものでした。Y字スパイラルやビールマンスパイラルも全日本のときより、長めに見せていたし、ポジションも良かった。Y字で両手を離したときに少しぐらつきましたが、必死で3秒キープしている姿が伝わってきました。あと最後のコンビネーションスピンも、バックエントランスから入って→ドーナツ→足換えてビールマンスピンにつなげるのって、コーエンやスルツカヤのスピンに優るすごく難しい技です。

最後のポーズをとったときと、キス&クライで、得点が出たときに見せた荒川さんの満面の笑み。久々に見ることができて、本当に嬉しくなりました。後のインタビューでも少し涙目で質問に答えていた荒川さんですが、きっと今までの努力や成果がこういう形で現れて、嬉しかったのだろうなあ。

フリーでは、楽しんで本当に最高の演技&最高の笑顔で、締めくくってほしいものです。

4.村主さん

みんな、同じになっちゃうのですが(笑)やはりさすが!!ジャンプは上位4名の中で、一番高さがあり、良かったと思います。フラメンコの曲に合わせて、情感豊かな村主ワールドを見せてくれました。でも今回スパイラルシークエンスはレベル3と評価されているのですね。スパイラルシークエンスのレベル4と3の差が私にはいまいち、よくわからないのですが。あと、思ったより、5コンポーネンツ(芸術点)が伸びなかったのはなぜ!?(もし、わかる人がいたら教えてください)

すごくよかったと思うのになあ。たしかによーく見ると、全日本のときなどに比べてステップや最後のポーズなどで微妙にほんの少しだけ音からずれている部分があったけど、見ている分には全然わからない範囲のズレだと思うけど・・・。村主さん本人も「細かい部分のミスがあった」と言っていたけど、この辺りのことを言っていたのかなあ?とにかく、大舞台に強い、村主さんですから、あの全日本のときのような神がかり的な演技をフリーでも見せてほしいです。

トリノ五輪男子の続き、高橋大ちゃん

 今日の男子の大とりだった高橋大ちゃん。トリノ五輪男子は高橋大ちゃんに始まり、終わりましたね(笑)演技後の報道では「重圧に押しつぶされて、8位に転落」というような書き方されていたけど、私はその最終滑走というすごく大きなプレッシャーの中、あれだけの滑りができたことは、「よくやった」と褒めてあげてもいいと思う。本人も言っているように、冒頭の四回転ジャンプを果敢に挑戦した精神は、結果はどうであれ、拍手を送りたいし、今後につながると思う。

四回転の失敗はしょうがないとして、二つ目のトリプルアクセルのコンビネーションの2つ目のトウループを「2回転にすればよかったのに~!」と見ている方も思わないでもなかったし(あとでこれが得点に大きく反映)

直前の練習に比べるとスピンの速度が落ちていたり、サーキュラーステップでバランスを崩してしまったりと、本人としては全然満足できなかったと思う。

しかし、緊張して、頭が真っ白になって、焦りがでた」という割に滑り自体は滑らかだったし、最後のストレートラインステップなどは今までで最高とまでは言いがたいけど、深いエッジや上体の使い方とかは、さすがは大ちゃんだった。

トリプルアクセルでなどで着氷が乱れて、その後3ルッツー3トゥや、後半の3回転ジャンプを決めたこのは、昨年では見られなかった成長だと思う。

でも得点を見たとき、想像以上に低かったのは、全日本で織田くんが犯したミスと同じ理由のザヤック・ルールだったんですね。うーん、なんとも皮肉ですね。(ジャンプを3アクセル、3トゥと2つ入れてしまったために、せっかくきれいに決めた後半の3ルッツがカウントされず、0点となってしまった)

詳しくは、こちらのブログに書かれています。→http://evergreenblog.seesaa.net/article/13375633.html

でもスピードの加藤条冶と同様、この五輪の悔しい経験が、今後大ちゃんをさらに大きくしてくれると信じている。五輪での借りは、五輪でしか返せないというし、今後は織田くんと共にバンクーバーに向けて、焦らず一歩一歩成長していってほしい。それで、バンクーバーでは、大ちゃんの最高の笑顔を見たいものです。

そうそう関係ありませんが、今日の関西のNHKニュースで、スーツ姿の織田くんが関大でみんなと一緒に大ちゃんを応援している姿が映っていました。織田くんどんな気持ちで見ていたのかなあ!?

とにかく、大ちゃん、お疲れさま~。しばらくはゆっくりして、また新たな気持ちで次に向けて頑張ってね。

トリノ五輪 男子フリー

今朝5時に起きて男子フリーの第3グループからテレビ見ました。

第3グループの最初の滑走者、エバン・ライザチェクくんから見ることができて、よかったです、

ここは、コラムではなくて、個人のブログだから、思いきり個人的な見解、感想を書かせてもらいまーす。

前回のソルトレーク五輪のヤグディンのように、パーフェクトでなおかつ心が震えるような感動的な演技が見られなかったのが、とても残念。

やはり上位のメダル候補の人は、どの選手もメダルへのプレッシャーからか、滑り、体の動きが相当重かったように見えました。

テレビで見たから余計にそう感じたのかもしれないが、やはり五輪への重圧ってどの選手にとっても相当なもので、精神的なものが滑りにかなり反映されていたように思う。

でもソルトレークのヤグディンのSP「ウインター」,FP「仮面の男」もどちらも、そんなこと微塵も感じさせられない、鳥肌もののあっという間に終わる演技だった。

ということは、ヤグディンはあの五輪という舞台で、やはりすごいことをやってのけた、並々ならぬ伝説のスケーターだったのだなあと、改めて思いました。

プルシェンコ昨シーズンの怪我から、まだ本調子でなかったとはいえ、金メダル候補NO.1のプレッシャーもあっただろうに、序盤に4-3-2のコンビネーション、トリプルアクセルなど、難しいジャンプを決めてきて、失敗は結局3フリップがダブルになっただけでまとめたのは、さすがだし、圧倒的な強さだったと思います。

でもなんというか膝が硬くて、滑りに滑らかさ、スピードが全くなく、内面から訴えるような表現力、オーラも私には全く感じられませんでした。。緊張していたせいか表情もあまりなかったし。ステップのエッジ使いやスピードなら、大ちゃんの方が良かったと思います。

前回のソルトレークでSP転倒したあとに見せてくれた、FPの「カルメン」の滑りの方が動きもよかったし、勢いやキレ、アピール度もあって、見入るものがあった。やはり、あのときはヤグディンという強敵の存在が大きかったのか、あとやはり体調が万全でなかったのかな!?

ランビエルも、膝の調子が悪いせいか、滑りがかたくて、滑りやスピンにスピードがなく、グランプリファイナルの方がかなり調子はよかった。世界最速といわれるスピンもいつものように「すごい」というものなかったし。でもその中で調子の悪かった3アクセルをのぞいて、冒頭の4回転のコンビネーションジャンプや決めるべき決めてくるあたりは、さすが前回の。前々から気になっていたが、あの「四季」の曲にシマウマの衣装もどうだか!?どうして、あの衣装になったのか、ちょっと理解に苦しみます!?

それに比べて、ジェフリー・バトルは、冒頭の4回転ジャンプに失敗したものの、上位の2名に比べて、全体の滑りやスピン、ステップが滑らかで、深いエッジを使い分けていて、よかったと思う。やはり、5コンポーネンツの得点でグーンと伸びるがよくわかる演技内容でした。

4回転以外はうまくまとめて、ここぞというジャンプは決めていたし、「サムソンとデリラ」のプログラムも体のラインの美しさが際立っていて、よかったと思います。解説の五十嵐さんが言われていたように、「朝の練習では、全てジャンプが不安定とメモに書いてある。」と言ったように、練習で調子が悪くても、本番の決めるところはきめる精神面もすごい思いました。

あと、印象深いというか、この男子フリーで一番よかったと思ったのが、冒頭でも触れたライザチェクくん。SPのときは、キス&クライでがっかりと落ち込んでいたのが見ていてとても可哀相でしたが、今日のフリーで見事吹っ切れて、いい意味で開き直って、滑れたのではないでしょうか。本当に見逃さなくてよかったです。トリプルアクセルの着氷もきれかったし、ノーミスの演技の上、勢いもこの日で一番あったと思うし、メダルへのプレシャーもなかったせいか、伸び伸び滑っているように見えた。後もバンクーバーを担う若い世代として、高橋大ちゃんと良きライバルとして戦ってほしいと思います。

次は高橋大ちゃんについて、触れます。