最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ

大人のスケート教室

 今シーズンも、昨日から、神戸ポートアイランドスポーツセンターにて、神戸フィギュアスケーティングクラブが主催する16歳以上の大人の方のスケート教室が、始まりました。

大人の方は「本当にスケートが好き」という方ばかりが集まり、毎年楽しく指導させていただいています。

リンクがクローズする夏の間はこの教室開かれませんので、昨日久々に皆さんの元気そうな姿を見るのは嬉しい限りでした。

もう私がインストラクターを初めてから、10年以上教室に通ってきてくださる常連さんもいますし、主婦の方、お仕事をされている方もわざわざ休みを教室の日に合わせてくださる方もいます。

女性で某メーカーの車の整備士をされている頼もしい方や、1歳半の子どもちゃんを親御さんに預けて(昨日はリンクに連れてこられてました)きてくださるママさんスケーターの方、皆さんそれぞれですが、スケートを本当に楽しまれている皆さんの姿を見れることは嬉しいものです。

昨日は来られてませんでしたが、おそらく80歳にさしかかるであろう男性もこのお教室でマイペースに毎年頑張っておられます。(もともと運動が好きな方なので、足腰もしっかりされてるんです)

もちろん初心者の方も募集していますし、単発の参加も可能です。(一回1000円という良心的な値段です。ただし、別途要滑走代)

大体毎週火曜日(祝日は休み)の午前10時半から一時間半ほど、行っております。

16歳以上であれば、男女の参加を問いませんので、これを見てご興味持たれた方はぜひ一度ご参加ください。

ランドセル購入物語

我が息子も、来春はいよいよ小学1年生。

ということで、そろそろランドセル購入を検討&購入する時期にきました。

ちまたでは、販売&受注会たるものが各地で行われ、この夏からランドセルをボチボチ見てきましたが、ついに決めて、注文してきました。

どこの何のランドセルにしたか、この最初の時点で書くこともできるのですが、ここで読むのを終わってしまう方もいると思うので(苦笑)、

ちょっと引きずりますが、我が家のランドセル購入に至るまでのルポというか、ストーリーをご紹介します。(すみません、今日も長いです)

8月下旬、―主人の実家(京都)に行ったときに、土屋鞄の京都店に、とりあえずランドセルを見に行き、良さ気なものを試しに背負わせてみる。土屋鞄は、各幼稚園にも各園児にパンフを配り、ネットでも鞄の販売を広げていて、ランドセルにも力を入れている東京の老舗かばん店。

この土屋鞄で、姪っ子二人(子供にとっては従姉妹)もランドセルを購入経験あり。

老舗というだけあり、作りはしっかりしてそう。普通のオーソドックスな、ランドセルの他に、ヌメ皮のランドセルや、

女の子なら外装が茶色×内装と背中の部分がピンク(アポロチョコのような配色)、や男の子なら黒×黄緑といった珍しいツートンカラーも可愛く、魅力的。その他、その年の限定色などもあり。

この時点で、息子にあまりこだわりがない分、私の好み、主人も昔使っていたという色、息子の肌に合いそうな色ということで、息子も紺が気に入ったらしく、色は、紺でほぼ決定。

また飽きのこないようオーソドックスでシンプルな形にしようと決める。

もちろん、この先、本人が気に入った色が出てきたらその時点で変えることも考慮にいれていた。

9月上旬―梅田のポケモンセンターに息子Rのお誕生日プレゼントを買いにいったついでに阪急百貨店のランドセル売り場(イングス)をちらりと見る。

店員さんの「10月に入ったら、このパンフレットに乗っているランドセル全種類揃います」と聞き、パンフレットをもらって帰る。

ランドセルは今までどこの会社もサイズは、ほぼ同じと思っていたが、A4ワイドといったA4クリアファイルがすんなり入るサイズがあることを知る。(普通のサイズはA4ファイルは斜めにしないと入らない)

10月下旬― 息子の進学するの小学校で、就学前健康診断があった。

そのとき、同じ幼稚園のお友達の女の子Aちゃんのママから、「うちは、もう阪急でオリジナルランドセル買ったよ~」という言葉を聞き、

我が家もそろそろ再び見に行って決めた方がいいかなあと、思い始め、ネットでもいろいろな会社のランドセルをチェックしたりする。

でも実物を見ないと、質感や背負い心地やよくわからないので、店に行って、本人に背負わせてみせてから、決めたいなと思った。

11月上旬―、阪急百貨店からもらったパンフの別冊で、皇室御用達の鞄屋さんで&学習院の小学生の制ランドセルになっている、オオバのランドセルが気になり、

梅田と神戸の阪急百貨店に11月5日まで展示されているというので、買い物に行きがてら、神戸阪急に見に行くことにする。

(会社の名前は漢字でオオバセイホウなのだけど、旧字で変換できず)http://www.ohbacorp.com/

またこの阪急で1131日までに購入すると、送料とネームプレート代が無料ということで、

できれば、この日に決めようという心意気で行くことにした。

この神戸阪急に行く前に、大丸神戸店でも、他のものを買い物する用事があったので、ランドセル売り場もちらりと見に行ったが、

売り場が狭い&パンフ見ても種類や色が少ない(黒はあったが、紺はないなど)、阪急の方が色や種類も多かったので、阪急だけ見ればいいやと思い、大丸神戸のランドセルはほとんど見ず、神戸阪急に移動した。

いよいよ神戸阪急に着き、ランドセル拝見。それにしても、結構広いスペースにいろんな種類のランドセルを作っている。ランドセルっていろんなメーカー作っているのね~。

神戸阪急には、阪急オリジナルランドセルが10種類ぐらいあったほか、CMのヒロミチお兄さんで、おなじみのセイバンの天使の羽根(ここの本社、兵庫県の龍野市だってこと知ってました?)とか、

大橋のぞみちゃんがCMやっている、背中にぴったりフィットちゃんとか…。

あとはララちゃんランドセルやら、地球NASAというネーミングがついたものも…。この地球NASAは、背中の部分をアメリカの宇宙航空局などのスペースシャトルとかで使っている低反発クッションを素材に使っているとかでそのネーミングがついたそうで、値段も結構高い。

あとは女の子だとメゾピアノとかバーニーズとか女の子のファッションブランドとコラボしたもので、お花やハート、星のモチーフが刺しゅうされているもの、

男の子だとナイキやプーマ、瞬足と言ったスポーツブランドやJプレスといったトラッド系メーカーとコラボしたランドセルもあった。

種類が多すぎて、見れば見るほど、わからなくなって、どれにしようか悩んだけど、個人的に天使の羽根とか、フィットちゃんとかララちゃんとかのランドセルは、機能的にいいのかもしれないけど、ネーミングからしてベタで、あまり受け付けずで…。

それで最初にオオバのランドセルを見に行ったわけなのでけど、牛革のランドセルについたタグに“手縫い”と書いてあり、作りもしっかりしているし、やはり皇室御用達だけあって、高級そうに見えるし、質感も良い。

内装も私の好きな紺と緑のタータンチェックだけど、値段も他のメーカーのものとそんなに変わらない。

息子に背負わせてみても、あまりがこだわりがない分、気に入ってる様子だったので、夫婦で「もう、これに決めようか~!?」とほぼ決めかけていたけど、いちおう「他のメーカーと何が違うのか店員さんに聞いてみよう」ということで、店員さんにいろいろ聞いてみることにした。

店員さんに聞くと、結局、オオバのランドセルは、昔ながらの製法にこだわっている分、味がありしっかりしているし、それもお勧めだけれども、やはり、使いやすさ、機能面は、天使の羽根や、フィットちゃん、阪急オリジナルランドセルに比べれば、劣るらしい。

やっぱり今のランドセルは、牛革もクラリーノも肩ひもが、跳ね上がり(後ろから見ると鞄の部分より肩ひもの部分が跳ね上がっている)といって、

子供の肩や背中にぴったり沿うするよう、負担が軽くなるように形状記憶みたいに、型がついていて、背負いやすく、ムレない構造になっているらしい。

息子に、オオバと阪急オリジナルのランドセルを背負わせてみると、一目瞭然で、阪急のランドセルは背中や肩にぴったり沿うけど、オオバのランドセルはガバガバ。(もちろん肩ひもは調整したけど)もちろん息子に聞いても、背負い心地は阪急の方がいいとのことだった。

店員さんいわく、「こっち(オオバ)のランドセルも使っているうちに馴染んできて、いつか体になじむようになりますよ。」ということだけど…。

あとは内ポケット。オオバのランドセルは説明しづらいのだけど、

横に一つファスナーがあるだけで、奥の下の方にいったものは手を突っ込んで、物が取り出しにくそう。それに比べ、阪急の方はポケットに角が取れて全部ぐるりとファスナーがついてあり、ポケットに入れたものも出し入れしやすそう。

これもこのポケットを本人がどのくらい使うかどうかは微妙なところだけど、

やはりユーザーの声を毎年取り入れているという、阪急のオリジナルのランドセルの方が全体的に機能面では優れていた感じ。

価格はそんなに変わらなかった。店員さんに聞いても、丈夫さはどちらも一緒ぐらいということ。

ということで、主人と話し合い、本人にあまりこだわりがないようだし、結局機能面で優れていて、阪急オリジナルランドセルにしようかということに…。

阪急のオリジナルのランドセルでも軽量タイプや、クラリーノ、牛革、横型、などいろいろあるのだけど、売れ筋人気ナンバー1というクラリーノタイプか牛革タイプの紺色のどちらかを本人に背負わせてみて決めようかということに…。

クラリーノの方が200300グラム軽いのかな。

私と主人は質感や色の感じで、できれば牛革にして欲しかったのだけど、やはり背負うのは本人だからということで、本人に背負わせてから決めようということに。

同じ紺でも、素材が違うからか、クラリーノの紺の方が明るく、牛革の方が濃紺と言った感じ)

さあ息子に背負わせて、どちらかに決めようようとしたら、

息子はランドセル売り場の隣で「ポケモンのカードゲーム、初めての人講座」みたいなので、ポケモンカードゲームに夢中になっていた。

このカードゲーム終了を待つこと20分。

ようやく、上記の2つのランドセルを背負わせてみると、息子も牛革が気に入った様子だったので、牛革に決定し、無事に注文を済ませる。いまどきのランドセルは牛革でも撥水やら、雨の日や傷に強い加工してあるんですね~。

ということで、我が家は阪急オリジナルランドセルの牛革の紺色を購入しました。ちゃんちゃん。

長い日記、ご拝読ありがとうございました。

やっぱり、ランドセルの購入を考えている方、私は阪急のまわし者ではありませんが、神戸阪急を見に行くのお勧め。

売り場も広い&ランドセルの種類も梅田と一緒ぐらい展示しているけど、そんなに混んでない。&周りには子供の遊び場も多いし、駐車場もあるしね。

あと、これは後で知ったけど、我が家の近所にある、携帯ストラップで一躍有名になったマーティーも、コクヨとコラボした機能的で、ストラップのように好きなパーツが付けられる牛革ランドセル売ってるようです。こちらは値段が少々お高めですが。

ということで、ここまで来るまでにかなり引っ張りましたね~(笑)

ランドセルは、受注してから生産するそうで、到着は3月下旬とのこと。

あまり早くから家にあってもかさ張るだけだし、ちょうどいい時期に到着だわ。

届くのが楽しみでーす♪

今までランドセル買われる方に少しでも参考になれば幸いです。

長い間、ご拝読ありがとうございました~。

« 2010年10月 | トップページ