最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

五輪閉幕(今さらながら女子フリーの感想あり)

長い間ごぶさたしてしまい、ごめんなさい。

言い訳になりますが、女子フリー直後と昨日、このブログを更新させようと、長文を書いたにも関わらず、二度とも同じ間違いを犯してしまい、保存されることなく消してしまいました><

二度ともなぜ消えたかわからないけど、違うところをクリックしてしまったみたい><トホホ

二度も消しえしまったことから撃沈してしまったのと、26~28日は、テレビ観戦、原稿の締め切り、ゲラの確認&直し、ラジオ局からの取材、友人の結婚式&披露宴に出席、娘の誕生日パーティー、甥っ子たちとスケートに行き、その間に家事をこなすという、過密スケジュールで過ごしておりました。

前述通り、昨日(28日)弟家族とうちの子ども連れてスケートリンクに行きましたが、芋の子を洗う状態で、ある程度予想はしていたものの、激コミですごかったです。

よけても人人人で・・・。転んでしまったら、引かれそうなぐらいで。。。さすが五輪効果!

でも甥っ子は初めてのスケートだったのですが、最後まで歩けるようになっていて、スケートの楽しさを知ってくれたようでよかったわ。

陸の孤島のようなところにあるリンクで、車じゃなきゃ行けないのですが、駐車場に止めるのも昨日の来客者1200人越したといってました。

さて女子フリーについての感想を少し。もうかなり時が経ってしまいましたし、テレビでいろんな人が解説しているので、もう詳しい解説はいらないと思いますが、手短に少し。

ほんと、最終グループの選手+鈴木明子さんの演技はハイレベルな争いで、素晴らしかったわ。みんなここ一番というときにミスで崩れる選手も今回はいなくて、ほんとすごかったです。

ドキドキハラハラでした。

やっぱり今回私が一番印象に残り、感動のは、真央ちゃんかな。普段は真央ちゃんびいいきというわけではないのですが、やっぱりあの演技は

あのキムヨナが完璧に演技をしたあとで、歓声や得点のコールを聞いて良かったことは、本人もわかっていて、プレッシャーは相当あったはずなのに、トリプルアクセルを二度も成功させたあの演技。

あの韓国中の期待を背負い、大舞台でフリーを初めてパーフェクトに滑ったキムヨナの精神力の強さにも感服したけど、真央ちゃんもやっぱり凄いわ。後半の2つの失敗は、やはり前半のトリプルアクセルで負担がかかって分、体力を消耗し、足に来ていたようですね。

真央ちゃんのフリーの演技はなんか、「この一年かけて頑張ってきたプログラムの集大成を見せたい」という、ものすごい気迫が伝わってきましたし、曲に合わせての内面から湧き出る感情表現も今までに見たことないものでした。

何を隠そう、私は真央ちゃんのトリプルあkすえるより何より、スパイラルシークエンスのところで感動してしまいました。あの重厚な「鐘」の曲に合わせて、なんて美しいポジションであんな凄みのある表現ができるなんてと・・・。

実は真央ちゃん、今までキュートで高難度の技を連続でやってすごいとは思ってたけど、内面から訴えるものがあまり感じられないなあと思って見てたんです。でも、今回の演技ではそれを払しょくするかのような見ているものの心を打つド迫力の演技でした。

滑ったあとの涙の記者会見がこれまた印象的でしたが、そりゃああいう状況じゃ、泣いちゃいますよね。。。

ほんとあのトリプルアクセルや四回転の基礎点もう少しあげていただきたいわ。じゃなきゃ、リスクの高い高難度のジャンプはみんな避けるようになって、本当にスポーツの進化を妨げるような気がする…。もちろんジャンプ以外のところ面の滑りや表現、全体の完成度が大切だとはもちろんわかっていますが。。。

安藤さんはミスなかったけど、無難にまとめすぎた感じかな。勢いが感じられず、スピードもいつもよりなかったな。守りの演技に入りすぎちゃったのかな。

鈴木さんのあのプログラム終盤のステップも、エッジもうまく使えてたし、上体の表現が素晴らしかった。

あとはロシェット、はらはらしながら見てたけど、転倒とかの大きなミスなく、地元でメダルが獲れてよかったです。天国のママも喜んでいるでしょうね。

そして最終滑走だった長洲未来ちゃんのカルメンは可愛いかった~。そして、ジャンプやスピンの完成度も高くミスなしで勢いを感じました。まだ16歳ですから、これから、一番成長しそうな選手で、ソチ五輪のときには怖い存在になりそうです。

さて昨日もエキジビション、閉会式も終わり、五輪も閉幕しました。

真央ちゃん、閉幕式では旗手も務め、選手の皆さんや関係者の皆さん、お疲れさまでした。

選手の皆さん、4年に一度、懸ける熱い思いが伝えてくれて、感動を本当にありがとう!

ちょっとこのバンクーバー五輪が終わってしまい、寂しい気持ちもありますが、次は4年後のソチを楽しみに待ちたいと思います。4年後はもっと多くの日本選手が笑顔が終われますように!

P.S思えば、娘はトリノ五輪の閉会式の翌日に産まれたんですよね~。l

産まれる前日まで仕事していて(突然テレビ局の人が家まで押し掛けてきたりした)、ようやく落ちついたので、お腹にいた娘に「そろそろ出てきてもいいよ~」と話しかけると、ほんとにその日の夕方から陣痛が始まり、その日の夜中(23時27分だったかな!?)に産まれてきてくれたのでした。

もうあれから、4年も経つのね~。

そういうわけで、私は五輪が行われるたびに娘の出産前後のことを思い出すでしょう。

次のソチ五輪が終わったときは娘も8歳(小学2年生)になるんだなあ・・・。そう考えると長いけど、選手の皆さんには一年一年頑張ってほしいです。

長文失礼しました&ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました~。

またこの五輪をきっかけに、ぼちぼちブログ更新できそうだったらしていきたいと思いますので、今後もよろしくお願いいたします。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »