最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2010年3月 »

女子SP終了

さて注目の女子フィギュアの初日のSP終了しました。

とりあえずホッって感じかな(滑ってないし、部外者の私が言ってどうするってつっこまれそうですが、汗)

それにしても五輪にふさわしい熱い戦いで、目が離せませんでした。

真央ちゃんとヨナちゃんは、あのプレッシャーの中、ノーミスで素晴らしかった。

二人とも年齢制限で出れなかったトリノ五輪から、この4年にかける思いが、すべて出ていたような演技でしたよね。

ほーんと真央ちゃんのトリプルアクセルの前は緊張でドキドキハラハラでしたよ。

でも真央ちゃん躊躇せず、練習どおり、高さのある艶やかなトリプルアクセルのコンビネーション決めてくれて、会場は一気にヒートアップ!次の3回転フィリップジャンプも油断しちゃいけないと思って祈るように見てたけど、降りてくれて。。。そこからは真央ちゃん本来の笑顔の滑りが見れて、こちらまで嬉しかったなあ。

最後のポーズしたあと、嬉しさのあまり飛び跳ねてたシーンが可愛いかったです。

真央ちゃん、今季はまだSPでは、一度もクリーンで成功させてませんでしたからね。でもこんなプレッシャーの大舞台で決めたことは、凄すぎます!。やはりそれに裏付けされる猛練習とそれにより確かな自信ができたからこそ、踏切前に足が震えても成功できたんでしょうね。

そして真央ちゃんの直後に滑ったキムヨナも、大歓声と得点のコールで、真央ちゃんの演技が素晴らしかったことを知った上でのあのノーミスですから、凄い。やっぱり精神的にも強いなあ。今日も確かに魅せるところで魅せてくれて、よく滑っていて、素晴らしかったけど、シーズン序盤のグランプリシリーズのフランス杯やスケートアメリカの全体的に演技力の目力や体の動きにしなやかさがあったと思ったのは私だけ!?全体的に少し固かった気がするなあ・・・。

単に私があの名プログラム「007」を見慣れたから、そう思うのかな!?。

最後のバキュンのポーズで実況の人が「撃ち返しました!」といったのは、まさしくって感じで、名実況だったわ~。

でもキムヨナちゃん、滑り終わったときやコメントしたときの表情が結構淡々としてて、真央ちゃんと対照的でしたね。

で、今日友達から聞かれたのは、「なんで、二人ともノーミスで、真央ちゃんもよかったのに、あんなにキムヨナと点差があるの?」ってこと。

ニュースでも解説しているところもありましたが、おさらいの意味で説明させてください。

現在はキムヨナと真央ちゃんの点差は4.72.

今回はジャンプの出来栄え評価と芸術的評価で開いた感じです。

実はあの真央ちゃんの武器であるトリプルアクセル(3回転半)ー2回転トゥのジャンプコンビネーションの基礎点は9.5、

キムヨナがやっている3回転ルッツー3回転トゥは10.0ともともとキムヨナのやってるジャンプコンビネーションより、基礎点が低いのです。

そしてキムヨナちゃんのジャンプは踏切から着地まで本当に流れがあり、減速しないので、出来栄え評価でプラス2.0がついてキムヨナのジャンプコンビネーションの点数は12.0。それに対して真央ちゃんは、9.5の基礎点に出来栄え評価でプラス0.6しかつかなかったので、10.1.この時点で1.9点差がついてます。

そして2つ目のジャンプである、二人共通のトリプルフィリップも同じ基礎点でもキムヨナの方が出来栄え評価が高く、真央ちゃんが5.7であるのに対し、キムヨナは6.7。ここでも1.0の差。

なぜ、キムヨナのジャンプはプラスがたくさんつくかというと、たいていの選手はジャンプの着氷後で減速するのですが、キムヨナちゃんのジャンプは踏切から着地まで本当に流れがあり、減速しないので、ジャッジの皆さん「着氷に流れがあって、すごい!」と思うからプラスがつきやすいのです。

あと芸術的評価の差ですね。全体で、1.52点。

その芸術的評価とは、振り付けや、曲の解釈、曲と曲とのつなぎ、パフォーマンスと、スケーティング技術という項目があるのですが

キムヨナちゃんのスケーティングにはスーッとしていて一歩一歩に伸びがあるし、滑る音もほとんどしないそうで、表現力に加え、スケーティング技術もあるんですよね。

でも、点差が5点以内だと逆転できる可能性も十分にあるので、真央ちゃんもトリプルアクセル2発決めて、会心の演技ができるように、頑張ってほしいです。

そしてラストで滑った安藤選手。真央ちゃんとキムヨナちゃんの動向をみて決めたのか、3回転ルッツー3回転ループを入れてきましたが、久々に果敢に攻めてきててビックリしました。それだけにダウングレード(回転不足)惜しい。

今季の今まではミスなくまとめることが優先していて、3回転ルッツー2回転ループを入れてきていて、今季は一度も本番に入れていませんでしたが、勝負に出たんでしょうね。

鈴木さんも、コンビネーションジャンプのお手つきのミスもそうだけど、スピンが流れたりして、少しずつ点をとりこぼしてるところもあって、本来の滑りより全体的に少し固くなっていた気がしますね。フリーではウエストサイドストーリーで思いきりはじけてほしいと思います。

そして、今日一番泣いたのが、ジョアニー・ロシェット(カナダ)選手。

昨日の日記にも書いたように地元カナダのロシェット選手は、バンクーバーに応援に来たお母様が大会直前(2日か3日前)に急死するという悲しいニュースがあったのにも、かかわらず直前の公式練習でも、気丈に振る舞っていたそうです。

特に今日のSP「ラ・クンパルシータ」はもともと哀愁おびたタンゴの曲に、気持ちの入った見事な表現で五輪の大舞台でノーミス。

最後のポーズが終わったあとに、天を見上げて「ママ」と小さくつぶやきながら、涙をためているシーンや、キス&クライで背中を震わせて泣いてるシーンを見ると、こちらも胸がつまりそうで、私も涙が止まりませんでした。

きっと今まで堪えてたものが演技後にどーっと沸き出て、涙になったのでしょうね。(あくまでも推測ですが)

いつもなら、タンゴの曲に合わせて真っ赤なマニキュアをしていたロシェット選手が今日は何も色を塗ってなかったのも、いつもと違って、そこまで気が回らなかったのかなあと・・・。

でもそんなことはどうでもいいことであって、今日の演技は本当に良かった。

きっと、天国のママも今日のロシェット選手の演技のときはリンクにいてロシェット選手を引っ張ってたんじゃないかな。そんなことをふと思った演技でした。

明後日のフリーも会心の演技を披露してほしいし、是非ロシェット選手に台に乗ってほしいなあと思ったけど、そうすれば惜しくも台に乗れない日本選手が出てくるかもしれないわけで。。。

うーん、複雑な気持ちだわ。

とにかく、明後日のフリーはどの選手も4年間の思いというものがあるでしょうから、ベストを尽くして悔いの残らない演技を披露してほしいものです。

明日からいよいよ女子!(追記あり)

さて、皆さんお待ちかねの五輪女子フィギュアの戦いが明日(日本時間)から始まります。

っていうか、すごいなあ。今晩のNHKニュースや報道ステーションのトップになっています!!まだ試合始ってないのに・・・。それだけ日本の皆さんの注目度が高い証拠でしょう。

テレビでも報道されている通り、滑走順は、22番浅田真央、23番キム・ヨナ、24番鈴木明子、30番安藤美姫 となっておりますが、

真央ちゃん、キムヨナの前に滑る滑走順、よかったと思います。

キムヨナちゃんの後に滑るより前の方がプレッシャーのかかり方も軽減するだろうし、いい演技をするとキム・ヨナちゃんにプレッシャーかけれますもんね。

反対にその直後で滑る鈴木さんは、大変かもですが、今日周りを気にせず、自分のペースを崩さずに、楽しんで滑れば結果がついてくるでしょう。

安藤さん、最後のトリにふさわしい、周りを圧倒する迫力のある「レクレイム」を滑ってほしいですね。

ところで、真央ちゃん、昨日の練習模様をテレビで見ていると、ジャンプのキレがすごくよくなってて、びっくりしました!そして以前より、ジャンプが、かなり浮いてる。

これは期待できるかも!この調子をキープしてほしいなあ。今日の公式練習で、初披露した、ピンクとワインレッドの混じった色のようなレースの衣装も品があり、よく似合ってますね。練習でも自信をもって、滑っているように見えました。

対するキムヨナちゃんも調子は上々のようでしたね。テレビでは、かなり気合の入った腕を動かすアップ風景が映っていました。体を温めるためにやってるのか、気合を入れるためなのか、なんとも言えませんが…。

でも、五輪では、本番直前までいくら調子が良くても、本番では何が起こるかわかりません。それが五輪の魔物というのでしょうが、五輪の醍醐味とも言えるかもしれません。

優勝候補の地元のジョアニー・ロシェット選手は、一昨日、バンクーバーに応援にかけつけたお母さんが急死するという悲しいニュースがあったのですが、今日の公式練習では、気丈にふるまっていたそうで、それを聞いたとき、なんだか胸がつまりそうでした。本当にショックだと思いますが、悲しみを乗り越え、地元の声援を力に変えて、頑張ってほしいです。

明日から始まる競技では、どの選手も、自分を信じ、実力を思う存分に発揮して、素晴らしい熱い戦いを繰り広げてほしいと思います

祝、銅メダル!

なんやかんやで、大ちゃんが銅メダルを獲ってから、二日が経つわけですが・・・。

やはり今日も映像見返しましたが、めちゃくちゃ、嬉しいし、表彰式のシーンではうるうるしちゃいますね。 

改めて、大ちゃん、銅メダルおめでとう!

男子フリーの日は、母と二人でテレビ観戦していたのですが、名前がコールされて、最初のポーズについたときから、「今日はいい表情しているよね」と話してました。

最初の四回転は飛ぶ前のトゥをつきそこねた感じの音がしていたので

「あっ、やばいかも」と思ったら、やはり転んでしまってた・・・。

でもそこからの立て直しが素晴らしかった。

演技中盤、顔がちょうどアップでうつり表情が映ったとき(サーキュラーステップの前ぐらいかな)、実況の方が「柔らかい表情をしてます」って言われたのだけど、私もほんとに同じこと考えていました。

二つ目のトリプルアクセルが山場で、ほんとにこちらまでドキドキで泣きそうになりながら、「降りて~」と思ってたときに、また実況の方が「降りてくれ」と言われて。ほんとまさしく私の思ったことを代弁してくれて、ありがとう。(フジの西野アナでしたっけ!?)

最後のステップは力を振り絞って、内からほとばしる表現で、熱いものを演じてくれて、最高の盛り上がりで、こみ上げてくるものがありました。

最後のガッツポーズと表情も「出し切った」って感じで、すっきりした良い表情でよかったわ~。

四回転ジャンプは、攻めの姿勢を貫き、誰のためでもない自分のために飛び残念ながら失敗したけど、そこから立て直し、ミスなくまとめて演技できたことが、素晴らしかったと思う。やはり大ちゃんにとって、アスリートとしての四回転のこだわり、思いがあったのは十分伝わってきましたよね。

それに挑戦したからこそ、あれだけの表現もできたのだと思う。やはり観客にもジャッジ、誰の目で見てもその熱い思いが伝わり、演技構成点(いわゆる芸術点で表現面やスケーティング技術)でトップになりました。それが評価されたのも嬉しい。

ライサチェクもノーミスで素晴らしかったけど、SPより無難にパーフェクトって感じがしました。もちろんシェラザードの曲に合わせて、長身を生かしたダイナミックな演技ではありましたが…。

特に2つめのトリプルアクセルの前が慎重になりすぎて、スピードのなさが目立ちましたね。ほんとに戦略勝ちというか、全体を上手くまとめてきたところはさすが。最終グループの一番目で後がどうなるかわからないので、ミスは許されないというプレッシャーもあったはずなのの、やはり彼も強い!相当ハードな練習をしてきたんだろうなあというところが、見てとれます。

プルシェンコは四回転や3回転は空中の軸が歪んでも、なんとか降りてましたね~。

プルシェンコとヤグディン(ソルトレークシティ五輪金メダリスト)だけ、どんなジャンプでも空中で軸がゆがんでも、とっさに軸をまっすぐに修正できる身体能力があると聞いてたけど、あの四回転のあとで、3回転をつけれるのが、すごい。でも他のステップやつなぎが荒いし、四回転や3回転半などの高得点のジャンプをまっすぐバシっと綺麗に降りないと厳しいですよね~。

ランビエルも、あの四回転の着地のふんばりはすさまじい執念感じました。あとやはり、どんなプログラム滑っても雰囲気が素敵だわ~。(今回はSPの「ウイリアムテル」方がよかったけど)

小塚くんの、五輪という大舞台で初めて四回転降りたのにも、ジーンときちゃった。実力出し切りましたよね。大ちゃんの銅メダルをみて刺激を受けたみたいだし、この先も大きく成長しそうで、四年後のソチ五輪で一番楽しみな存在です。

ほんと、中2のときから見てきた大ちゃんが、本当に立派に成長して、五輪で銅メダルとって、日本を沸かせるような、すごい存在になってしまったなあ。嬉しい半面ちょっぴり寂しかったりして・・・

昔、リンク近くにある喫茶店や、控え室とかで気軽にインタビューさせてもらったのが懐かしい。

でも彼が07年世界選手権で銀メダルとった後のシーズン前も「控室でアイスショーでもらった残りのファンレターに目を通してから、取材にしてもらっていいですか?」と言ってたファンの人も大事にしていた大ちゃん。

最初に取材させてもらったときも「ヤグディンのように、四回転ジャンプも飛べて、表現もステップもすべてが凄い選手になりたい」と言っていた大ちゃんは、ヤグディンと同等、いやそれにも優る表現力やステップを披露しているので、残りはやはりもう一度、四回転ジャンプを入れてパーフェクトで滑ることですね。

来年の世界選手権までは続けるとのことですから、ぜひそんな演技を今後の大舞台で見せてもらいたいものです。

今後の大ちゃんのさらなる活躍を楽しみにしたいと思います。

五輪男子SP

やりました~。我が長光チームの高橋大輔選手が!!やった~。大ちゃん、素晴らしい演技でした。

初めて読む方に説明させていただきますと、私の選手時代の元コーチが長光歌子先生で、現在、私はその長光チームの一員として長光先生のアシスタントとして教えさせていただいています。(フィギュア男子の解説している本田武史くんも一緒のグループです)

大ちゃんは長光先生についた中2のときから見ているので、なんか感慨深いです。

ほんと立派になって強くなったなあと・・・

大ちゃんの昔のインタビューはこちら→http://homepage3.nifty.com/skate/itakahashi.html

特に一昨年10月31日、大ちゃんが膝を負傷した日、偶然その場にいて、あの怪我した瞬間を見てたんですよね。そのときはまさかあんな大きな怪我とは思わなかったけど。。。手術してからここまでよく復活したなあとか・・・。それまでも世界トップにいた大ちゃんですが、怪我をしたことで、一回りも二回りも成長したように思います。

さて今日の話に戻りますが、今日は関大アイスアリーナの上にある研修所、高岳館のラウンジのテレビで、

長光チーム、織田チームなどの何名かで応援しもって、観戦しました。

大ちゃんの滑るときになるともうドキドキで、まさしく手に汗を握って見てました。

ちょっと3ルッツー3トゥのコンビネーションがヒヤリとしましたが、それ以外はすべて完ぺき。たまに関大での練習を見せてもらうと、もっとすごいど迫力のステップシークエンスしているときもあるのですが、

ステップもスピンも、全日本のときよりよくなってますね。

そして曲を体から表現した観客やジャッジに魅せる表現力や、ステップでの深いエッジ使いと上体の動き。これらは芸術円やステップの点数にも反映されていたように、プルシェンコより断然上だと思います

やっぱりSPのトップ3は強かったですね。

プルシェンコは、4回転ー3回転を軽々決めて3シーズンぶりでここまでくるのはすごすぎるけど、滑り終わった後の「どうだ」というゼスチャーがなんだか小憎たらしい・・・。それも王者の風格の一つなんかもしれませんが・・・。

ライサチェクもやはりさすが。素晴らしかった。長身を生かしたど迫力の演技で、ジャンプも危なげなかったし。。。

でも、今の男子フィギュア界では、プルシェンコ以外、結局4回転をどんなときも確実に飛べる人っていないんだなあってこと痛感したSPでした。

ランビエルの4回転の着地のふんばりには感心したし、あのウイリアム・テルの衣装と振付も素敵で、回転の速い独創的なスピンに目を奪われましたが。。。

やっぱりSPで4回転入れるのって精神的にも肉体的にも相当負担もかかるし、リスクもあるんですよね。

ジュベールしかり、ベルネルしかり4回転以外の3回転ジャンプでミスしてましたもんね~。

ジュベールは昨季まであれだけ4回転の確率よかったのに・・・。先週NHKの特集番組「ミラクルボディ」でジュベールの四回転ジャンプが取り上げられ、日本人も彼のこと見直して、ファンになった方多いと思うのですが・・・。18位という成績、なんだか気の毒になってしまいます。五輪に本当に縁がないというか・・。

やっぱり五輪に魔物っているんだなあ。

その中で、大ちゃんをはじめ、織田くん、小塚くん日本3選手みんな良かった・

本番は分数の長いフリーです。大ちゃんには4回転も決めてもらいたいし、スタミナ切れせず、最後まで魅せてほしいし、テレビの画面通じてですが、歌子先生と一緒にあの「道」の後半のメロディーで泣きたいです。

大ちゃん、フリーも大ちゃん自身の納得のいく好演技を披露してくれること、祈ってます。

あと4分半、頑張って~!!

五輪4日目、ペアフリー

五輪もいよいよ4日目になりましたね

さて今からペア・フリーです。

現在ショート3位につけ、金メダル候補のロシア代表の川口悠子ちゃんは私がシニア選手時代、シングルのジュニアで滑っていた選手。その後は、単身ロシアに渡り、パートナーがみつからないときも一人で、ロシアの大学に通いながら、パートナーが見つかる日を信じて頑張って練習していた悠子ちゃんの芯の強さは、相当なものだと思うのです。

欧州選手権フリーで世界歴代最高点をたたき出し、金メダルに狙える位置にいるこの五輪で、思いきり彼女の良さをアピールし、四回転スロージャンプも成功させてほしいですね。

日本では、五輪以外、男女シングルに注目が集まりがちですが、カップル競技であるペアにはシングルにない、二人だからこそできる技がありますし、二人の醸し出す雰囲気があり、素敵です。

私もアイスショーで滑っていた頃、二年ほどペアをした経験がありますが、演技前、不安で緊張しているとき、一人ではない二人なんだという安心感、満足のいく演技ができた後はパートナーと喜びを分かち合える充足感など、シングルでは味わえないものがありました。

ペアならではのアクロバティックな技とともに、そういう二人の見つめあったり、抱き合ったりするドラマティックな動作にも注目してほしいです。

お久しぶりです!

皆様、ごぶさたしてます。

2007年3月から約3年弱、育児に仕事に追われ、長らくブログを開店休業状態にしていて申し訳ございませんでした。

トリノ五輪閉会式の翌日の2月27日に生まれた娘もあと少しで4歳となり、月日の経つのは早いなあと実感しております。

さて、バンクーバー五輪も開幕したことですし、五輪期間限定でブログをぼちぼち復活させたいと思います。

フィギュアは、男女ともに活躍が期待されますし、思ったことをツラツラ書こうかなあと・・・

余裕があれば、五輪後も続けたいとは思っていますので、またよかったら、こちらにも遊びに来てくださいね。今後ともよろしくお願いしま~す。

« 2007年3月 | トップページ | 2010年3月 »