最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« トリノ五輪 男子フリー | トップページ | トリノ五輪女子SP 上位4名 »

トリノ五輪男子の続き、高橋大ちゃん

 今日の男子の大とりだった高橋大ちゃん。トリノ五輪男子は高橋大ちゃんに始まり、終わりましたね(笑)演技後の報道では「重圧に押しつぶされて、8位に転落」というような書き方されていたけど、私はその最終滑走というすごく大きなプレッシャーの中、あれだけの滑りができたことは、「よくやった」と褒めてあげてもいいと思う。本人も言っているように、冒頭の四回転ジャンプを果敢に挑戦した精神は、結果はどうであれ、拍手を送りたいし、今後につながると思う。

四回転の失敗はしょうがないとして、二つ目のトリプルアクセルのコンビネーションの2つ目のトウループを「2回転にすればよかったのに~!」と見ている方も思わないでもなかったし(あとでこれが得点に大きく反映)

直前の練習に比べるとスピンの速度が落ちていたり、サーキュラーステップでバランスを崩してしまったりと、本人としては全然満足できなかったと思う。

しかし、緊張して、頭が真っ白になって、焦りがでた」という割に滑り自体は滑らかだったし、最後のストレートラインステップなどは今までで最高とまでは言いがたいけど、深いエッジや上体の使い方とかは、さすがは大ちゃんだった。

トリプルアクセルでなどで着氷が乱れて、その後3ルッツー3トゥや、後半の3回転ジャンプを決めたこのは、昨年では見られなかった成長だと思う。

でも得点を見たとき、想像以上に低かったのは、全日本で織田くんが犯したミスと同じ理由のザヤック・ルールだったんですね。うーん、なんとも皮肉ですね。(ジャンプを3アクセル、3トゥと2つ入れてしまったために、せっかくきれいに決めた後半の3ルッツがカウントされず、0点となってしまった)

詳しくは、こちらのブログに書かれています。→http://evergreenblog.seesaa.net/article/13375633.html

でもスピードの加藤条冶と同様、この五輪の悔しい経験が、今後大ちゃんをさらに大きくしてくれると信じている。五輪での借りは、五輪でしか返せないというし、今後は織田くんと共にバンクーバーに向けて、焦らず一歩一歩成長していってほしい。それで、バンクーバーでは、大ちゃんの最高の笑顔を見たいものです。

そうそう関係ありませんが、今日の関西のNHKニュースで、スーツ姿の織田くんが関大でみんなと一緒に大ちゃんを応援している姿が映っていました。織田くんどんな気持ちで見ていたのかなあ!?

とにかく、大ちゃん、お疲れさま~。しばらくはゆっくりして、また新たな気持ちで次に向けて頑張ってね。

« トリノ五輪 男子フリー | トップページ | トリノ五輪女子SP 上位4名 »

「トリノ五輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101197/8710262

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ五輪男子の続き、高橋大ちゃん:

« トリノ五輪 男子フリー | トップページ | トリノ五輪女子SP 上位4名 »