最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

パパママ教室

今日は、出産を予定しているクリニックに
「パパママ教室後期」というものを受けてきました。

まあ、妊娠後期の栄養指導とか、お産の進み方とか呼吸法とかの説明です。
パパも参加しないと、立会い出産はできないということで、
息子の遼も連れて、家族3人で行ってきました。

しかし、はあ。受講中、動きたい盛りの遼がじっと我慢しているわけはなく、ドアが開けっ放しの部屋をうろうろした後、出て行くので、遼の後を追っかけていく係りの主人はほとんど話しを聞けませんでした・・・。

まあ、主人はとりあえず参加することに意義があるって感じなので、立会いはさせてもらえると思うのですが・・・。でも呼吸法とかきくといよいよもうすぐで、出産だなと思います。

でも助産婦さんが「出産間近の妊婦さんはこんなに重いものを体にしょってる」と言って赤ちゃん&胎盤の実際の重さに似せた模型を回してくれたときとか、「立会い出産は、決して夫婦でご主人が赤ちゃんを生まれてくる赤ちゃんを見るためにするものではなく、出産にいたるまで奥さんの痛みや大変さをサポートして、奥様の負担を少しでも軽くするためのものです」と言われたときは、だんなにその場にいといて欲しかった。
でも遼がそのときキイキイ奇声を発していたので、ダンナは部屋の外に出るしかしかなかったのだけど・・・。

やっぱり動きたい盛りの子を連れてよそへ行くとヒヤヒヤするし、します。特に今回は妊婦さんばっかりの
お部屋で、遼がいろんな妊婦さんのところに侵入していこうとしたり、
そして、遼は外面がよくて内弁慶なので、そのクリニックでは妊婦さん一人一人に「バイバイ」をして機嫌よく愛想を振りまいたりしていたのに、車に乗った途端、
眠たかったせいもあったのでしょうが、ずーっとギャアギャア声をあげて泣いておりました。
うちでは最近気に入らないことがあると、すぐに泣いて主張するので困ったものです。
(例えば、キッチンのものを散らかし放題にするので、キッチンから追い出そうとしたり、駐車場を駆け巡って、消火器をつかもうとしたりするので、それを辞めさせようとすると、その場に寝転んで泣きわめく)

まあ、他はよく食べよく寝て、よく動く元気な子なので、そんな心配してることはないんですが、果たしてお腹の中の子が産まれてきたら遼はどうなるのか・・・!?みものです。

謹賀新年!

 あけましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になりました。

 昨年末、全日本が終わってからは、取材や原稿書きで、例年にないほど、忙しく、ドタバタと過ぎていってしまいました~。

まあ、この忙しさもめったにないこと(きっと4年に一度もない)でしょうから、経験しておくべきでしょう(笑)27日には、村主さんの単独インタビューをさせていただくこともできたし、とてもラッキーだったと思います。

妊婦ということで、よほどのことがない限り、睡眠はそれなりにとりたいので、押せ押せになってしまったのも一因としてあるのですが。30日まで原稿書いて、その後31日の午後まで年賀状の残りを書くのと、掃除に追われていた今川です。

本当は、大晦日までには、自分が後で読み返すためにも、「一年を振り返って」と称して、更新したかったのですが、それもできずじまい・・・。

でも五輪に決まった選手の皆さんはもっと忙しく大変なことでしょう。

1月1日の元旦に、トリノ合宿出発ってこれまたすごいスケジュールです。ほんとお正月なんて言ってられませんね。私が選手時代の頃は、全日本が毎年1月10日前後にあったので、お正月は2日から練習&気持ち的にもなんだか落ち着かず、全然心から楽しめませんでしたが、五輪出場となるともっと大変ですものね。

話はそれましたが、我が家は、私が結婚してからというもの、毎年主人の京都の実家へ12月31日から行って、年越して1月2日の昼まで過ごすというのが、お決まりになっています。今回の年越しもそのパターンでした。

大晦日の晩は鴨鍋、元旦と2日の朝、昼兼用では和室にちゃんとお膳が組まれている中で、おせち料理とお雑煮を、元旦の晩はふぐちりをいただきました。やはり京都らしいというか日本らしいお正月です。主人の実家では、年末の忙しさから解放された脱力感からか、ほとんど何もせず、ダラダラと過ごしちゃいました。(お義母さん、お手伝いもロクにせず、ごめんなさい)

遼は、おせちも鴨鍋も、ふぐちりも初体験でしたが、何でも食べる食べる。

ずっと「まんま~」と求めて、お腹はパンパンに張っておりました(笑)

おせちの中でお気に入りは、やはり黒豆と、栗きんとんという甘いものと、ブリというジューシーなものでした。数の子は固いし、さすがにまだこわくて与えませんでしたが、お煮しめや、なます、お雑煮もお餅を細かく切って与えれば、パクパク食べてました。鴨鍋は鴨肉のつみれを、遼のために用意してくれたのですが、好んで食べてたし。ほんと大人と一緒ぐらい半端でないぐらい食べるので、将来が末恐ろしい・・・。

そして、3歳と11ヶ月のいとこちゃんが元旦の夕方から来ていたので、またテンションが高くなって、なかなか寝ないのでありました・・・。家に帰ってきた2日の晩はさすがにコテンと寝ましたが。

そうそう元旦の朝に、主人の実家から歩いて10分のところにある、北野天満宮に初詣に行き、おみくじを引きましたが、主人も私も遼もなんと大吉!普段はああまり信信深くない私ですが、なんだか嬉しかったなあ。日々努力することが大事ということと、お産の欄には体に気をつけるよに、ということが書いてあったので、まさしくそうだなあと、しみじみ思っております。

今年も、皆様には、いろいろお力を借りることになったり、お世話になったりすることがあろうかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

皆さんが幸せで笑顔が絶えない年でありますように!

 

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »