最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

最近の遼

どうにかパソコンを駆使して、画像を小さくすることができたようです。。(画像をクリックすると、一瞬大きな画像になりますが、すぐに小さくなります)画像の件では、今までいろいろご不便おかけしてすみませんでした。

さて最近の遼ですが、昨日で満8ヶ月となりました。体重も8860gと、男の子としては平均よりやや大きめですが、順調に成長しております。

そして5月10日過ぎた頃からじょじょにスムーズにハイハイをするようになりました。それまでのハイハイへの道のりを説明しますと、まず4月の上旬はお腹を地面から持ち上げられないけど、「移動したい!」という気持ちが強かったようで、ずりながら手足をバタバタ動かして前や後ろに這って行くようになり、4月下旬のGW入った頃から、お腹を持ち上げた上体で、とてもつたなく2歩とか4歩とかハイハイをし始め、それで疲れてうつ伏せにへしゃげるって感じに。

寝返りのときは決定的だったけど、遼のハイハイは首すわりのときと一緒で、じょじょに進化してできていったので、「この日がハイハイできた日!」という決定的な日はわかりません。

ほんとハイハイがスムーズにできるようになったのはいいけど、これがまた大変!ほんと、もう一瞬たりとも目が離せません。リビング中央部の安全と思っていた場所に遼を置いて、私はさっとトイレに行ったのだけど、トイレから出ると遼の姿がどこにもない。その瞬間、顔から血の気がひき、固まりました。で、すぐに声がするので行ってみると、キッチンで楽しそうにキャキャッと笑いながら、ハイハイしていました。そんなところに置いたことに反省です。障害物などは無かったからよかったものの、何もなくてよかった・・・。私が一緒にいたときでも、私が一瞬新聞に目をした途端、「ガタン」と大きな音がしたから、目を向けると、テレビ下のオープンラックからビデオデッキをフロアに引きずり出してました(泣)壊れなくてよかったです。

今はとにかく、獲物を見つけると、サーっと一瞬でとんでもないところまで、いってしまう早さがあるので、要注意。最近、遼のお気に入りの獲物はスリッパとコード。あと五月人形の足もすぐにとって舐めようとする。コードは遼が入りこめないところに位置を変え、テレビ前には入ってこれないように、ホームセンターで部品を買ってガード(柵)を作りました。一つでは長さが足りないようなので、もう一つ作成中。

やはり、同じ月齢の子を見ても。男の子の方が活動的だし、うちの遼は特にやんちゃみたい。ハイハイの時期でこれだから、歩きだすと一体どうなるんでしょう!?これはこの先相当思いやられそう・・・。たはは

でも「あと4ヶ月で赤ちゃんも終わりかあ」と思うとなんとなく寂しい気分。遼が赤ちゃんである残り4ヶ月、一日一日大切に過ごして、たくさんいい思い出を作りたい、と思っている今日この頃です。

画像の縮小について

yukiさまをはじめ、みなさま、申し訳ごさいません。

先日から、「拡大したときの画像が大きすぎて、見れない」とメールなどで多数の人から言われていて(自分で拡大してみても大きすぎますよね)、自分でもいろいろ操作してみたのですですが、全然小さくならず、画像の小さくする仕方がわかりません(泣)
自分でももう少しいろいろ調べてみますが、何せ機械オンチなもので、ご存知の方いらしたら私に教えていただけないでしょうか?お手数かけますが、どうぞよろしくお願い致します。

初節句

IMG_014658日に両方の親4人を我が家に招いて、遼の初節句のお祝いを行った。私は「初節句」というのが、「お食い初め」の次に行う大きなイベントだということを、最近初めて知ったのだった。この日は日曜日だったが、主人は前日ギリギリまで休みが取れるかどうかわからなかった。しかし、結局休みが取れたので、よかった。遼にとっては一生に一度しかない、初節句なのだから・・・。

五月人形は実家からかつて弟が使用していたものを、我が家に持ってくる。本来は3段式なのだが、場所を取るので、飾ったのは金屏風に五月人形、その脇に弓と刀。普段、観葉植物を置いてあるスペースにその五月人形がぴったりとはまった。

 お食事は、京都で美味しいと評判の鯖寿司と幅10cm以上ある超太巻きを主人のお母さんが持ってきてくれたので、私はオードブル(酢たまごとクラッカー)とおかず二品(白あえと牛たたきサラダ)、お吸い物を作ることになった。11時半から12時の間に我が家に集合ということにしてもらったのだが、これが、はあー、要領の悪い私には、とっても忙しかった。まず遼が寝ている間に歯磨き→洗顔→化粧までの身支度をし、前日の掃除の続き。前日大体家は掃除したのだけど、またなぜか汚れてるし(苦笑)。前日の晩、買いたかった和牛のたたき肉が近所のなかったので、朝オープンと同時に主人に頼んで買ってきてもらう。そしての日はちょうど母の日だったので、母の日のプレゼントも用意。ドタバタだったけど、なんとか間にあった。

そしてドキドキのお料理は、まあまあ好評で、手前みそだけど美味しかった(笑、みんなが、そう言ってくれたから、素直にそのまま受け止めるようにしている、)久しぶりに大人数でワイワイ言いながら食べたから余計に美味しかったかもしれない。主役の遼ははじめみんなと一緒に離乳食を美味しそうに食べ、しばらくするとウトウトしだしたので、奥の部屋へ連れてって寝かす。30分後に起きて、それからは、両方のおじいちゃん、おばあちゃんに可愛がってもらって、とってもご機嫌だった。ハイハイもなんとなくできてきたので、みんなの前で少し披露(笑)

その後、記念に写真をとって、ゆっくりしてもらって、16時半頃にはお開きに。遼もみんなから初節句を祝ってもらって、嬉しかったに違いない。(55日には私の二人の祖母も家に来て祝ってくれた)私や主人にとっても、すごくハッピーな一日だった。

事故から8日

GWは家族で初の子連れ海外旅行に行くはずだった。が急遽キャンセル。しかし、そんなことは今となってはどうでもいいし、ちっぽけなことである。

425日に起きたJR福知山線の列車の大事故から今日で8日が過ぎた。

身内や知り合いにこの事故の犠牲者がいた訳ではないが、この事故で私は本当にショックや喪失感を大きく受けた。理由はここでは書けない。しかし、いろいろな方から励ましを受けたりして、ようやく気持ちの整理が少しずつできてきた。

私は事故が起きた当初は、遼と芦屋市が主催する「なかよし育児教室」に行っていたので、事故を知ったのは25日のお昼を過ぎてからだった。私は普段、夜10時からのテレビニュースぐらいしか見ないので、主人からのメールがなかったら、知るのはもっと遅かったかもしれない。

テレビで事故の光景を目の当たりにして、事故の大きさがどれだけのものだったか初めて知り、ビックリしたと同時に愕然とした。

あの福知山線は伊丹に運転免許更新セ ンターがあるため、何回も乗ったことあるし、とてもじゃないが他人事には思えなかった。今まで「安全、正確、便利」と言われていたJRの列車が転覆に近い脱線をし、あそこまで、押しつぶされて、あんな形になるなんて・・・。それから相次ぐ死者や負傷者の数・・・。テレビで見てもほんと悲惨だった。まさかあそこまで犠牲者の数が増えるとは夢にも思わなかった。

日が経つにつれてどんどん犠牲者の数は増え結局107名の方の尊い命を亡くす事故になった。遺族の方はまさかいつも乗っている電車でこのような事故が起きるとは思ってなかったことだろう。遺族の方の怒り、哀しみは私達が想像できない計り知れないものだろうし、それをJR西日本にぶつけるのも当然と言える。日々過熱するマスコミ報道を見るのもつらいし、心苦しい。私はこれらの報道を見るたびにどんどん暗~い気持ちになっていた。テレビでは、「107名の亡くなられた方には、107通りの人生があったはずだ。」と言っていたが、まさしくその通りだと思う。

亡くなられた107名の方のご冥福を心からお祈りいたします。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »